ウィリアンがチェルシー退団を表明

移籍19-20

ウィリアン(32歳)が今季末でチェルシーを退団することをSNS上で表明しました。

この投稿をInstagramで見る

AN OPEN LETTER TO THE FANS OF CHELSEA FOOTBALL CLUB . . They were seven wonderful years. In August 2013 when I received the offer from Chelsea, I was convinced that this was where I had to play. Today I am certain that it was the best of decisions. There were so many happy times, some sad, there were trophies and it was always very intense. . . Yet, beyond the trophies, I learnt a lot about myself. I developed a great deal, becoming a better player and a better person. With each training session, with each game, with every minute spent in the dressing room, I was always learning. . . I am really grateful to the Chelsea fans for the affectionate way they welcomed me at Stamford Bridge and their support throughout my time at the club. There was also criticism, which is normal, what is important though is that both the affection and criticism drove me to always give my all in every training session, every game, to be constantly improving until my very last minute in a Chelsea shirt! . . The time has now come to move on. I am certainly going to miss my teammates. I will miss all the staff at the club who’ve always treated me like a son and I will miss the fans. I leave with my head held high, safe in the knowledge that I won things here and always did my best in a Chelsea shirt! . . My heartfelt thanks go out to all of you and God bless you! . Willian Borges da Silva

Willian Borges Da Silva(@willianborges88)がシェアした投稿 –

ウィリアンは、7年間在籍したチェルシー退団後、アーセナルに加入することが濃厚視されています。

アーセナルには週給£100,000の3年契約で加入するとされ、トータルコストは£20.8mになるとも言われています。

獲得した主要タイトル
  • プレミアリーグ (2014-15, 2016-17)
  • FAカップ (2017-18)
  • リーグカップ (2014-15)
  • ヨーロッパリーグ (2018-19)

個人成績は次の通り(すべての大会の計で記載)

 出場試合数ゴール数アシスト数
13-143644
14-154944
15-1649117
16-1741125
17-1855139
18-1956812
19-2047119

今季の個人成績におけるリーグでの順位(SkySpotrsより)

残留することを期待していましたが、今季末でウィリアンも退団することが決定しました。

チェルシー側とすれば、3年契約は出しづらいと思うし、やむを得ない終わり方になりました。

ライバルクラブへ行くことになるそうなのは残念ですが、7シーズンに渡って常にチェルシーに貢献した選手として高く評価できるのに変わりはありません。

アザールという偉大なプレーヤーの影に隠れて、正当な評価が十分に得られていなかったような気がします。

チェルシーではほとんどレギュラーとしてプレーし、特にアザールなどの不調でチームが停滞している時期にはその存在感をよく示しました。

15−16シーズンや今季がその例ですね。


今季は、ランパードが大きな信頼を寄せ、前線の選手としては最も継続的に好パフォーマンスを披露しました。

攻守の切り替えが改善され、終盤まで守備にも必死に戻る姿勢が今季のウィリアンの充実ぶりを物語っていたように思えますし、ベテランとしての模範を示していました。

ただでさえ若いチームになっているのに、経験があって十分計算できる選手を失うのは痛いなあってのが正直なところ。

来季からはプリシッチやハドソン・オドイ、新加入の選手がウィリアンの穴を忘れるくらい活躍することを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました