STOKE CITY [1-2] CHELSEA (PL)

Stoke (5-3-2): Sorensen (Simonsen 40), Wilkinson, Shawcross, Abdoulaye Faye (c), Huth, Collins; Delap, Whitehead, Whelan; Beattie (Fuller 11), Kitson (Tuncay 65).
Goal Faye 32
Booked Shawcross 18, Delap 58, Wilkinson 76
Chelsea (4-4-2 diamond):
Cech;
Bosingwa, Ivanovic, Terry (c), A Cole;
Mikel (Belletti 82), Ballack (Essien 65), Malouda,
Lampard;
Kalou (Anelka 63), Drogba.
Goal Drogba 45+2, Malouda 90+4
Booked Kalou 16, Terry 45+5, A Cole 52
Player Rating (Goal.com)
Petr Cech – 5.5
Jose Bosingwa – 6
Branislav Ivanovic – 5
John Terry (c) – 7
Ashley Cole – 7.5
John Obi Mikel – 5.5
Michael Ballack – 5.5
Florent Malouda – 6
Frank Lampard – 7.5
Salomon Kalou – 5
Didier Drogba – 8
Substitutes
Nicolas Anelka – 6
Michael Essien – 6
Juliano Belletti – n/a
ストークはうまく守っていたので、これは終わったなと思っていたんですが、最後の最後で逆転勝利が来ましたね。ストーク戦で勝ち点は落としたくなかったんで助かりました。
イヴァノとカルーは良くなかったですね。イヴァノはアレックスが欠場しているので評価を上げるチャンスなんですが、他の3人に比べると安定感に欠けますね。カルーも途中出場だと比較的いいプレーをしてくれるんですが、先発だと消える時間が多いように思われます。
それにしてもベレッチは何か持ってるんですかね。点がほしい時にベレッチが入ると終盤にゴールが決まるって展開けっこう多いですよね。

コメント

  1. るみの より:

     初めまして。いつもブログ拝見しております。チェルシーファンのるみのと申します。
    > それにしてもベレッチは何か持ってるんですかね。点がほしい時にベレッチが入ると終盤にゴールが決まるって展開けっこう多いですよね。
     私もそう思いました!ベレッチは、デラップに触発されたんでしょうかね。ロングスローしてましたね。そんなデラップのロングスローをツェフは何度キャッチしたことでしょうか…(汗

  2. マカ より:

    るみのさん》
    はじめまして。どうぞこれからもよろしくお願いします。
    チェルシーの最後の手段は「ベレッチ」って感じになってきましたね。いざという時に本当に頼もしいです。
    さすがのデラップ砲もツェフの前では不発でしたね(笑)

タイトルとURLをコピーしました