2019-20シーズン チェルシーFC レフェリー情報

データベース

※2020年4月11日時点


 リーグ戦のみの情報であり、国内・国外カップ戦の情報は含めていません。
 YC:イエローカード枚数、RC:レッドカード枚数
 いずれも、Football Stats and History及びtransfer marktを元に作成

今季のチェルシー担当レフェリー情報

 審判名試合数勝ちドロー負け勝率
1テイラー42 250.0%
2アトウェル3 3 0.0%
3オリバー32 166.7%
4カヴァナー32 166.7%
5アトキンソン21 150.0%
6スコット21 150.0%
7モス2  20.0%
8ポーソン21 150.0%
9マリナー211 50.0%
10フレンド22  100.0%
11ラングフォード1 1 0.0%
12ティアニー11  100.0%
13メイソン1 1 0.0%
14ディーン11  100.0%
 審判名試合数勝ちドロー負け勝率

チェルシーが受けた警告数、チェルシーが獲得したPK数など

 審判名試合数YCRCPK1試合平均YC1試合平均RC1試合平均PK1試合平均ファウルタックルあたりのファウル率審判名 
1テイラー413 13.3 0.310.00.56テイラー
2アトウェル35 11.7 0.310.70.54アトウェル
3オリバー36  2.0  10.00.56オリバー
4カヴァナー35 11.7 0.312.30.80カヴァナー
5アトキンソン22  1.0  9.00.44アトキンソン
6スコット23  1.5  10.00.57スコット
7モス23  1.5  5.00.36モス
8ポーソン24  2.0  14.00.90ポーソン
9マリナー24  2.0  7.00.34マリナー
10フレンド21 10.5 0.57.50.58フレンド
11ラングフォード11  1.0  9.00.36ラングフォード
12ティアニー11  1.0  15.00.79ティアニー
13メイソン12  2.0  14.00.93メイソン
14ディーン13  3.0  9.00.47ディーン
 審判名試合数YCRCPK1試合平均YC1試合平均RC1試合平均PK1試合平均ファウルタックルあたりのファウル率審判名 

対戦相手が受けた警告数、対戦相手に与えたPK数など

 審判名試合数YCRCPK1試合平均YC1試合平均RC1試合平均PK1試合平均ファウルタックルあたりのファウル率審判名
1テイラー414123.50.30.510.80.68テイラー
2アトウェル341 1.30.30.08.30.45アトウェル
3オリバー38  2.70.00.011.30.67オリバー
4カヴァナー35  1.70.00.010.70.57カヴァナー
5アトキンソン22  1.00.00.07.00.45アトキンソン
6スコット23  1.50.00.011.00.92スコット
7モス25  2.50.00.012.50.43モス
8ポーソン28  4.00.00.013.50.52ポーソン
9マリナー23  1.50.00.010.01.00マリナー
10フレンド25  2.50.00.07.00.50フレンド
11ラングフォード10  0.00.00.014.00.48ラングフォード
12ティアニー10  0.00.00.08.00.35ティアニー
13メイソン12  2.00.00.016.00.64メイソン
14ディーン122 2.02.00.017.00.89ディーン
 審判名試合数YCRCPK1試合平均YC1試合平均RC1試合平均PK1試合平均ファウルタックルあたりのファウル率審判名

レフェリー情報まとめ(チェルシー側)

1試合平均警告数トップ3

  1. テイラー                3.3枚
  2. ディーン                3.0枚
  3. オリバー、ポーソン、マリナー、メイソン 2.0枚

※今季のチェルシー平均 1.7枚

1試合平均ファウル数トップ3

  1. ティアニー     15.0回
  2. ポーソン、メイソン 14.0回
  3. カヴァナー     12.3回

※今季のチェルシー平均 10.2回

タックルあたりのファウル率トップ3

  1. メイソン  0.93
  2. ポーソン  0.90
  3. カヴァナー 0.80

※今季のチェルシー平均 0.6

今季退場した選手はゼロ

リーグ戦でチェルシーの選手が退場したことはこれまでありません。

シーズン全体を通しても、バイエルン戦でアロンソが退場したのが唯一の例。

コメント

タイトルとURLをコピーしました